痛い脱毛はしたくない!

82da_s

脱毛する時痛いという事が多いのですが、どのような脱毛方法が痛いのでしょうか?
痛くない脱毛方法もあるのかどうかご紹介しましょう。
美容の為、脱毛される方が増えていますが脱毛は痛いとお考えの方も多いです。
どうしてかというと痛みを伴うものの方が脱毛効果が高いからです。

痛みは脱毛の必須条件?

82da_s

例えば、脱毛クリニック等で行われる永久脱毛にはレーザー脱毛ニードル脱毛があります。
レーザー脱毛では、毛穴にレーザーを当てる事で毛母細胞を破壊して脱毛します。
ニードル脱毛は、針のようなものを毛穴に指して電気を流し毛母細胞を破壊していくのです。
レーザー脱毛に比べるとニードル脱毛の方が針を毛穴に指していくのでとても痛いでしょう。
しかし、効果はバツグンで一度ニードル脱毛をしたらそこから毛は生えなくなります。
脱毛効果だけを考えるとニードル脱毛がよさそうですが痛みからよほどでないと行わない事が多いです。

フラッシュ脱毛や家庭用脱毛器

フラッシュ脱毛はニードル脱毛やレーザー脱毛に比べると痛みがそんなにひどくないと言われています。
脱毛サロンなどでは、フラッシュ脱毛の痛みを緩和するためにジェルなどを塗って行うのです。
ただ、ニードル脱毛やレーザー脱毛と違ってフラッシュ脱毛では永久脱毛はできません。
フラッシュ脱毛は、生えにくい状態にはなりますが何度も脱毛する必要があるので高額な費用になることがあります。
自宅で脱毛をしようとされる方が多く使っているのが家庭用脱毛器ですがこれもフラッシュ脱毛で多少痛みがあるでしょう。
家庭用なので出力が小さいですが、体の部位によってはかなり痛みを感じることもあります。
脱毛ワックスも脱毛には効果的ですが皮膚にシートを付けて剥がすのでかなり痛いです。
肌が弱い方には向かない脱毛方法でしょう。

痛くない脱毛法

痛い脱毛方法がある反面痛くない脱毛方法というのも人気です。
プロの脱毛サロンでもレーザー脱毛やフラッシュ脱毛ではないハイパースキン脱毛という方法を採用している所があります。
この脱毛方法は、とにかく無痛です。
肌トラブルも起こりにくい脱毛方法で人気が高くなっています。
脱毛クリームやスプレー脱毛も痛みはありません。
塗ったりふりかけるだけで脱毛したい部分の毛が5分から15分でごっそり落ちます。
洗い流して後は保湿などのケアをしておけば肌トラブルも起こりにくいでしょう。
最近では、肌に優しく、肌トラブルなどが起こりにくい脱毛が人気になっています。

以前は、脱毛というと痛いのが当たり前でした。
今は、脱毛する時に痛みを感じないようなものが良いという傾向があります。