埋没毛の脱毛について

c3ccade3_s

今までカミソリなどで脱毛して場合、埋没毛があったりします。
埋没毛を脱毛するにはどのように行なった方が良いのでしょうか?

埋没毛とは

c3ccade3_s
埋没毛とは、カミソリなどの自己処理や他の除毛などで皮膚内で発毛し成長してしまった毛の事です。
本当なら皮膚の外に出て発毛しなくてはならないのですが、黒くポツポツしたブツブツに見えるのが埋没毛の正体になります。
これは、カミソリなどで深剃りや逆剃りをした時に起こりやすく白い肌の方程目立ってしまうでしょう。
一気に引っ張る毛抜きなどでも毛穴の出口が傷つき結果的に埋没毛になってしまう事があります。
皮膚のすぐ下で毛が発毛していくので上から見えますし黒くなって気になる人もいるでしょう。
中にはほじくって埋没毛を取ろうとする人もいますが、かえって傷になってシミの原因になるのです。
そうならない為にもできるだけカミソリなどの自己処理を行わない方が良いというのが定説になっています。

埋没毛ができてしまったら

もし、カミソリなどを使っていて埋没毛が多数できてしまったらどうすればよいのでしょうか?
まずは、毛穴の毛を無理なく脱毛する必要があります。
スクラブ入りの石鹸などで埋没毛がある所を綺麗に洗い、毛穴に詰まった汚れを取りましょう。
次に、脱毛クリーム等を使い肌を痛めずに脱毛していきます。
部分的なものならば家庭用脱毛器でも良いでしょう。
とにかく、無理やり埋没毛を引っ張り出すようなことはせず、繰り返し脱毛クリームで埋没毛を処理していきます。
脱毛を繰り返していくと次第に埋没毛の数も減っていくはずです。
黒いブツブツ状態のものがだんだん減っていきますので脱毛効果が出ていることに気がつかれるでしょう。
そして、新たな埋没毛を作らないようにカミソリなどでの自己処理は止めるようにした方が良いです。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛でも埋没毛は綺麗に脱毛できます。
プロにお任せすると通常の脱毛同様埋没毛も脱毛されていくでしょう。
脱毛後はきちんと保湿やスキンケアをすることで埋没毛で開いてしまった毛穴も閉じていきます。
一度のレーザー脱毛やフラッシュ脱毛では埋没毛も綺麗に処理できませんので3回から5回は脱毛して下さい。
だんだん気になっていた黒いブツブツが減ってくることに気がつくはずです。
埋没毛が無くなって来れば肌のトーンが上がるだけでなく全体的に美肌になっていくでしょう。
自己処理で痛めてしまった肌も自己処理を止めることでターンオーバーによって生まれ変わっていきます。
脱毛しながら美しい美肌も目指してみて下さい。

埋没毛は、簡単に取れるような毛ではありませんので無理は禁物です。
まずは脱毛できるように脱毛クリーム等を上手に使ってみましょう。